コンテンツへスキップ

業務における翻訳の活用について

わたしは、恥ずかしながら全く英語によるコミュニケーションがとれません。
これまでの社会人生活もドメスティックな仕事ばかりでなかなか、英語を使う必要性にせまられたこともありませんでした。
そんなわたしが、突然、アメリカで事務局として英語でプレゼンせよという話になってしまいました。これにはさすがに焦りました。
翻訳に頼らざるを得ません。まずは日本語でプレゼンの資料を作成するところからスタートです。それに基づいて日本語で原稿を作って、最終的には翻訳に出すことにしました。問題は、専門用語をどう翻訳するかと言うところです。
業界ならではの表現を直訳してしまうと現地の方々にとっては意味がわからなくなってしまいます。
こればかりは自分の力では何ともなりませんので、日本語が堪能な海外の方を職場に見つけてきてお手伝いをしてもらうことにしました。
実際に翻訳をして上がってきた原稿についてもお手伝いをしていただいた方におかしな部分がないかを見てもらうつもりにしています。