オーストラリアで語学に自信を!

PR|高品質な多言語翻訳を依頼できる会社口コミ|

日本で友達になった、外国人に必ず言われる言葉がありました。
「その発音違ってる!センテンスが違ってる!」学校で習っていた先生の英語の発音が、ネイティブからするとどこかおかしいという事を言われました。

短期の語学留学に行った時に、その言葉が真実だったと知りました。本当に通じなかったのです。

オーストラリアというとオージーイングリッシュと言われ、アクセントに癖があるのではないか、と思われる方も多くいらっしゃると思います。しかし、オーストラリアは多民族国家で生粋のオーストラリア人と言われる人は多くないのが現状です。

 

また、増えてきているとは言え、アメリカやイギリスといった王道の留学先と比較すると都市によって差はあるものの、まだまだ日本人留学生はそこまで多くはありません。

 

そのため、せっかく留学をしても結局日本人同士で仲良くなり語学力が伸びなかったというような自体になることは少なく、のびのびとした環境の中で語学力を磨くにはオーストラリアはピッタリと言えます。

 

さらに、前にも触れたように多くの民族が暮らすオーストラリアなので、英語を母国語としない人も大勢います。
彼らは韓国人や中国人、マレー系の人々であったりと様々ですが、英語という共通の言葉でコミュニケーションを取っています。

短期留学中も「何?」と聞き返される回数が多く、ノートにスペルを書いて逆に読んでもらったりして、音を覚えること、音になれることに重点を置いていました。

しかし、驚いた事もありました。日本では文系をとても重要視している教育なのに、実際英会話をしてみると、意外と文法等は気にしていなくてリズムやセンテンス、そしてジェスチャー等で会話が進んでいましたし、間違ったからといってそれによって会話を止めたり、わざわざ直されたりもしませんでした。

楽しい!そう思えたいい経験でした。

会話中に間違っていたら、「もしかして〇〇って言いたい?」など、くみ取ろうとしてくれ単語力は上がりませんでしたが、聞き取る力とトライして声に出す勇気はより培われた素晴らしい思い出です。

日本人は知識があってもいざ話そうと思うとなかなか話せないのが英語力が伸び悩む大きな原因です。

 

いざ英語を母国語とするアメリカ人などを目の前にするとなかなか気後れしてしまい話せないかもしれませんが、英語が第二外国語の人たち同士であれば、そこまでプレッシャーを感じることなく英語を使うことができるのも事実です。

 

そのように英語でしゃべる機会を増やしていくことで語学力を上達させることも一つの手段ではないでしょうか。

PR|JALカード|GetMoney|内職 アルバイト|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|童話|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|マッサージのリアル口コミ.com|アフィリエイト相互リンク|貯蓄|ショッピングカート|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|女性の人生|初値予想||